アドベントカレンダー


ここ数年12月が近づくと、毎年アドベントカレンダーを準備します。わが家のアドベントカレンダーは24個の紙袋をクリスマスツリーに飾るというもの。袋には1から24までの数字が書いてあって、中にはちょっとしたお菓子が入っています。12月に入るとその日の袋をひとつずつ開けていきます。24個のうち何個かは小さなおもちゃが入っていてる「当たり」の日もあって、毎日小さなプレゼントを開けるようなワクワク感が続きます。
息子は秋頃から「今年もクリスマスツリーの開けるやつ作ってー」と楽しみにしてました。去年までは私が1人で作ってたのですが今年は2人で合作です。息子が数字の絵を描いたりして一緒に作りました。さて、袋が出来たらここから先はお母さんの秘密の作業。中身は何にしようかな。
材料は色紙、包装紙、コピー用紙に絵を描くなどなんでもOK。紙のサイズはA5くらいが目安です。数字は色紙を切るだけでもいいし、写真のように色を塗ってから切るのもかわいいです。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。  

【用意するもの】

A5の紙 ……24枚
数字用の紙や色紙 ……必要なだけ
吊り下げ用の紐……24本

ハサミ、のり、クレヨンなど

【作り方】


A5(約21cm×15cm)の紙を用意し、中央で1cmくらい重ねてのりづけする。

 

 


底を4cmで折り、折り目をつけて開きます。

 

 

 


底の上側を中心線から5mmはみ出すように折る。下側も同じように折る。

 

 


重なる部分をのりづけして完成。

 

 

 

 

 


佐々木智子
(ささきともこ)
洋服と雑貨の店「cholon」店主。9月21日に庭ビルにお店をオープンしました。紅茶の本「Tea Time」の編集部スタッフ。趣味はアジアの旅と写真、市場めぐり。