3歳の息子はどんな夢を見ているのでしょう?

Q、3歳の息子が夜中にうなされて泣きだしました。怖い夢を見たようですが、いったいどんな夢を見ているのでしょう?(40代男性)

A

回答を考えながら布団に入ったら、夢の中で突然真っ暗な中に入ってしまって、いくら目を開けても真っ暗なんです。目覚めてから覚えていたのはそれだけで、その前の出来事は消えているのです。お先真っ暗とはこのことで、この質問の回答には相応しくありません。

妻に話したらいろいろ思い出してくれて、高校生の息子が4~5歳の頃、目を覚まして「夢の中でお母さんがいなくなった」と大声で泣いた事があったそうです。回答の糸口(闇に光)が見えてきました。幼い人たちは日々新しい出来事に出会っています。昼寝から目覚めたらお母さんがいなかった。扉が「バシン!」と大きな音をたてて閉じた。散歩中に犬に吠えられた。お風呂で無理やり髪を洗われた。知らない人にいきなり抱き上げられたなどなど。それら一つひとつが夢の元なのではないかしら。自分では制御不能です。誰かに話せたら少しは安心するかもしれません。けれど小さいお子さんには、抱っこして「だいじょうぶ」と言ってやるしかないのです。

もちろん心地よい夢も見ていると思います。お母さんの微笑みと抱っこ、お気に入りの帽子で散歩などなど。眠りながらニヤニヤしている時はそんな夢を見ているのかも知れません。今では2児、3児の父になっている息子たちが幼い頃、「神さま、こわい夢を見ないように守ってください」と毎日お祈りしていました。きっとよく怖い夢を見ていたのですね。毎晩のように眠る前に読んでいたのは、マーガレット・ワイズ・ブラウンの『おやすみなさいのほん』(福音館書店)でした。最後のページには、天使に守られたこどもたちが描かれ「かみさま あなたのけものや うたうことりたちに しあわせをめぐみ ものいえぬ ちいさなものたちを おまもりください。」とあります。三十数年前、はるよしさんはこの絵本を読むことで、こどもたちの祈りに心を合わせていたのだと思います。

藤田春義(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。大阪社会事業短大専攻科卒。むかわ町にて保育のしごとを6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996 年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。年間 50 本以上の保育研修を実施。2000年より保育実践セミナーを主宰し、幼稚園や保育園の先生と絵本や伝承わらべ 唄、子どもの遊びについてセミナーを開催している。2019年度から研修部門をメインに活動する。北翔大学短期大学部非常勤講師。
メールに ①年齢、②性別、③質問 を書いて送ってください。質問は、庭しんぶんに掲載されます。
※掲載号はランダムなのでご了承ください。