人を大切にする感情を育む道具 人形あそび


人形は、遠い昔からこどものそばにある遊びのお供であり、遊びの道具です。太古の遺跡から発見されるくらいですもの。おそらく、人形って、人間のこどもにとっては、かけがえのない存在なのです。
こどものそばにいてくれる人形って、どんなものを選べばいいのでしょう。どんな人形でも同じ? いえいえ、もちろん、人形によってこどもの関わり方は変わってきます。こどもの相棒/友達になってくれるお人形たちを紹介します。

ジルケ人形
ドイツ / ケーセン社

ドイツのケーセン社が作るジルケ人形は、一生の友達になれるお人形です。表情が柔らかく、こどもの気持ちに寄り添ってくれます。なんといっても、抱き心地が良いのです。私がこのジルケのお人形をもらったのは2歳のとき。抱っこして一緒にお出かけしたり、ごっこ遊びの相手もしてくれました。その時によって赤ちゃん、妹、お友達など、私の望みにに応えてくれました。それからもう20年以上たちますが、今もずっとお友達ですし、このお人形にはたくさんの思い出が詰まっています。布製で抱き心地がよく、表情はシンプルなので嬉しいときには嬉しい顔に、悲しい時は悲しい顔に見え、子どもの感情に寄り添ってくれます。

女の子 / 男の子 各¥21,780


シルトクレート人形
ドイツ / シルトクレート社

1896年から人形を作り続けているカメのロゴがかわいいシルトクレート社。いまなお、ドイツ国内での生産にこだわる老舗のなかの老舗。最古の人形メーカーなんて言われたりしています。表情が可愛らしく、目もぱっちりと愛らしい。まさに、そこがこの人形のいいところ。本物の赤ちゃんのように見えるので、こどもの関わり方も違います。視線が合うというのは、人形であろうと関わり方に変化があるもの。寝かせると目を閉じ、起こすと目を開きます。大人はリアルなお人形を見て怖いという人もいますが、こどもはこのリアルさがあることで人形としてではなく、本物の赤ちゃんとして扱うことができるのではないかと思います。お尻部分にはペレットが入 っており、重さがあるため自然にお尻に手を添えた自然な抱き方になります。大きさも子どもから見ての赤ちゃんの大きさになっているためお世話がしやすく、大人が自分にしていることや、妹や弟にしているお世話をそのままお人形にしてくれます。

ピンク / ブルー / 黒人 各¥14,080


スリーピングベビー
ドイツ / フランケンランドデザイン社

目を閉じて、寝ているお人形なので、スリーピングベビーと言います。眠っているあかちゃんには、どうしても乱暴にはできません。やさしく抱きかかえるようにお世話をしてしまいます。眠っているっていうのは、無垢で無防備ですもんね。先日、ろばのこにとっても素敵なお客様がいらっしゃいました。今小学生の女の子は10年ほど前にスリーピングベビーに出会い、それから今までずっと親友なのだそう。少しくたっとなって優しい顔をした「親友」を見せてくれました。スリーピングベビーの良さはなんといってもその表情。眠った顔がなんとも柔らかで自然なんです。一体一体手作りで作られているため、頬の色や髪の毛、表情が少しずつ違い、同じものはありません。 

ピンク / ブルー 各¥11,220


お問い合わせは札幌第一こどものとも社(011-688-6909)まで