地球みたいな惑星を発見?!


「K2-18b」これは、惑星の名前なんですって。しかも、地球とおなじように生命が存在できる可能性がある惑星。そこに生命体がいるかどうかはまだ確認されていないけど、それを確かめる方法は宇宙望遠鏡での調査のみ。そして、次世代の宇宙望遠鏡が2020年代に打ち上げられる予定なので、10年以内に「K2-18b」に、生命体が住んでいるかどうかがわかるってことみたい。

宇宙のことって全然よくわからないけど、生命体が発見されたら、すごく興味があるなぁ。地球とは全然違うかもしれないし、すごく似てるかもしれない。ファンタジーの世界じゃなくて、地球と他の惑星を比較できるから、僕たち人類をもう少し違った目で理解でいるのかもしれないし。

それに、僕たちが住んでいる地球ってとっても特別でかけがえのない惑星だってことがよりはっきりわかると思うんですよね。「K2-18b」があるのは地球から111光年先。遠いなぁ。

日本で読めるBBCニュースはこちら