レナレナとの再会


庭しんぶんで以前に紹介したことがある『レナレナ』。そのときは絶版だったのですが、なんと30年ぶりに復刊しました。この本は幻の1冊です。もう出版されないだろうと思っていたのですが驚きました。この本を紹介したいなぁという人がいく人も思い浮かびます。ひとりの少女が主人公で左頁がコマ割りなっており、右頁に手書きの文章が書いてあるのですが、なぜか文字も絵も両方いっぺんに味わいたいという衝動に駆られる絵本です。読んでもらうのが1番ですね。一度読むと病みつきになるようなレナレナの魅力が好きです。どこか自分の中のこどもの時に感じていた気持ちを引っ張り出されるような感じ。こどもって大人みたいなこと考えられないんですよね。大人っていつから、大人みたいなことを考えられるようになるんでしょうね。レナレナとの再会が嬉しい。