大人はどうしていつもえらそうなの?


Q

大人はどうしていつも偉そうなの? (小学1年生男子)

 

A

こどもはよく喋るし、じっとしていないから、大人はいつも「静かにしなさい」と言う。それが偉そうに見えるのかな? こどもに比べると大人は力が強いし、身体も大きいし、いろいろなやり方も知っているから、こどもが何かをしようとしている時や、こどもが自分でできることにも、口を出したり手を出したりする。だから偉そうに見えるのかな? それとも反対に、大人に「自分でやってみろ」って感じで見られると、偉そうに見えるのかな?

大人がこどもに偉そうにしないで付き合うのは実はなかなか難しくて、こどもが本当に手伝って欲しい時にだけ「手伝ってもいいかい?」と聞いてからすればいいと思う。それに「静かにしろ!」ではなく、「今から◯◯まで静かにして欲しいのだけれど」と頼めばいいと思う。君はどう思う? ここまで読んで偉そうだなと思ったら、偉そうにしている大人に、この新聞の「はるよしさんにきいてみよう」を見せて下さい。そして、自分の気持ちを話して、大人の気持ちも聞いてみましょう。良い話し合いができるといいですね。そう言う僕も、自分で言った通りにはできない普通の大人です。君がこの質問をしたことを忘れないで大人になってくれたら、この答えが君の役に立ったことになるので嬉しいです。

そうそう、この間小学2年生と6歳の男子2人を連れて丸駒温泉の露天風呂に行きました。2人はすぐに泳ぎ始め、潜って小石を拾いました。僕は足でお湯を蹴らないようにとだけ注意して見ていました。多少迷惑に思った大人がいたかもしれませんが、こどもだから許されることがあると思います。それは大人の僕の判断です。今度一緒に行きましょう。

 


藤田春義
(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。大阪社会事業短大専攻科卒。むかわ町にて保育のしごとを6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996 年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。年間 50 本以上の保育研修を実施。2000年より保育実践セミナーを主宰し、幼稚園や保育園の先生と絵本や伝承わらべ 唄、子どもの遊びについてセミナーを開催している。2019年度から研修部門をメインに活動する。北翔大学短期大学部非常勤講師。