学校に行きたくない中学生の娘


Q

中学1年生と小学生の娘がいる母です。中学生の娘は学校に行きたくないと、たまにお休みしたりします。多くは語りませんが、「先生が、これはいずれ役に立つというけど、それも良くわからないし、行く意味もわからない。」とこぼしています。私は、こどもが学校に行きたくないというのは大した問題だとは思っていません。ただ、私が通っていた頃の学校と、今の学校は何か違っているように感じます。教師たちは、多忙な中で懸命に子どもと向き合いながら、自分の体調も崩してしまう状況があります。教師とどのような関係を作ればいいのかわかりません。どうすれば良いでしょうか?(30代女性 母)

 

A

私も四男坊が中学生の時「父さん、理科は何でやるんだ? 俺、高校に行きたくない。もう勉強するの嫌だ。」と言われ、かろうじて「高校ぐらいはいかないとな」と発した言葉が、答えになっていなかったことを思い出しました。相談者も当時の私と似た状況だと思いました。相談者は、教師と自分、教師と娘さんが良い関係を築くことが出来れば、娘さんが前向きに生活できるのではないか? とお考えです。そのためにはどうしたら良いでしょう? というご相談だと思います。

その問いに答える前に、中学1年生の娘さんの言葉に注意を向けます。そこに重要なことが含まれています。先生が、勉強や中学校生活について話した内容に問いを発しています。「何のために勉強するのか?」「何のために中学に行くのか?」それは、「何のために生きるのか?」「私は何者なのか?」と言う自分の存在に対する根源的な問いにつながっています。誰しもが一度は発する問いです。しかしそれが存在そのものに対する問いだとは気付かないかもしれません。成績や態度の良し悪しで問いが隠れてしまうこともあるでしょう。近くにいる大人が、問いの意味を上手く気付かせてやれると良いと思います。

学校に行きたくないのは、意味を見出していないからでしょう。意味の分からないことをするのは疲れます。学校を時々休むことに相談者が寛容なのは、娘さんと信頼関係が築かれているからでしょう。この信頼関係に基づいてお話しできたら良いと思います。生活の中心である勉強や学校のことから生きる意味を考え始める年齢を迎えたこと。それを考えながら生きることが良い生き方につながること。誰のためにどのように自分の心や身体を使っていくのか、想像力を働かせること。そして、娘さんが聞いてくれるなら、相談者がこれらのことを、どのように考えているか伝えましょう。また、娘さんが信頼している方と、この話題でご一緒に話されるのをすすめます。世の中には多くの人がいて、誰かのために懸命に生きている人がいることを知らせてほしいと思います。そこに学校の先生を加えたらどうでしょうか。中学校の先生は確かに忙しいですが、生きる意味を問い始めている生徒には喜んで時間を使うはずです。娘さんに対して押し付けにならないように注意しながら。

この時期に誰とどんな過ごし方、どんな会話をするかがその後の生き方を左右する気がします。中学生の娘さんが出会う人は、人生の道標にも、反面教師にも、目標にもなります。それは娘さん自身が決めることです。社会や親に対して強い反発や反抗心を持つようになることもあります。また、誰かの役に立ちたいと明確な願いを持つかもしれません。  自分で考え自分で決める人生の船出をしたのです。まだ、港を出ていないかもしれませんが、いずれ荒波をくぐりぬけて目的の港へ着くでしょう。

 


藤田春義
(ふじたはるよし)
1954年秋田県生まれ。大阪社会事業短大専攻科卒。むかわ町にて保育のしごとを6年余り経験し、その後、札幌第一こどものとも社に勤務。1996 年に絵本とおもちゃの専門店「ろばのこ」を立ち上げ、育児教室を開催してきた。年間 50 本以上の保育研修を実施。2000年より保育実践セミナーを主宰し、幼稚園や保育園の先生と絵本や伝承わらべ 唄、子どもの遊びについてセミナーを開催している。2019年度から研修部門をメインに活動する。北翔大学短期大学部非常勤講師。