Grapat

自由を遊ぶ

グラパットに出会ったのは、世界中の玩具が集まるニュルンベルグ国際玩具見本市。「これ、なんですか?」と聞いたら、長身の男性が「どうぞ、お好きなように!」って。その時にグラパットの魅力に気がついたのでした。これは、石ころみたいな遊び道具なんだなと。石ころは、どういう風に遊んだって誰も何にも言わない(もちろん、投げたりしない限りは!)。そして、どんなおもちゃも、本来遊び方は自由なんだと。グラパットは自由を楽しむおもちゃです。

— 藤田進(庭しんぶん編集長)

何でもない。
何にでもなる。

良い玩具の条件をひとつ挙げるなら、いつまでも飽きることなく遊び続けられること。石、砂、葉っぱ、木切れのように、自然の普遍的な素材のような玩具。グラパットは自然にある素材がモチーフになっています。作られすぎていない形は、こどもの想像力を邪魔することがありません。そう、何でもないけど、自分の思うままに、何にでもなる。こんな玩具はなかなかありません。

自然であるということ

「自然であること」を大切にしているから、全工程が手作業です。どれ一つ同じではない個性ある仕上がりが、人間らしくもあり、均一化された形とは違う個々の美しさがある。材料となる木、染める染料、保護する亜麻仁油、それに働く人たち、この製品が生み出される全ての過程において、「自然であること」が徹底されています。ぼくたちも自然の一部。

正解がみあたらない

遊びは自由なもの。食べるのも忘れ遊ぶこどもの姿を見た夫妻が、こどもにどんな玩具が必要かを考えて生み出されました。大人はこどもの遊びに目的や目標を設定しまいがち。満足するのは、大人ではなくこどもであって欲しい。グラパットには説明書はありません。正解がないっていうのは、人生みたいですね。

WOOD

01

持続可能な森で伐られた木材を使用。木はいつでもカシアナとジョルディ夫妻のインスピレーションの源です。どっしりしていて、やわらかく、堅くて、温かくて、叩くといい音がする。そして、すてきな香りがします。

COLOR

02

カラフルで鮮やかな色遣いは、太陽の光、季節の変化、森や山や海などの自然、そして、さまざまな感情の変化の表しています。色の組み合わせは、うつりかわる季節や気分を象徴。

BYE BYE PLASTIC!

03

バイバイプラスチック!。製品はすべて木でつくられていて、授産施設と協同して製作されるパッケージには、プラスチックは使用されていません。

SUSTAINABILITY

04

木の伐り方も、色のつけ方も、働き方も、全て持続可能な方法で。スペイン、カタルーニャ州の田舎で、近隣に住む人たちとの協同で製作。自分たちの仕事が周囲や環境に及ぼす影響を確認し、調整しています。

グラパット社

グラパットはスペインのカタルーニャ州にある家族経営の小さな工房です。虹色の木製のおもちゃはあらゆる年齢のこどもたちを夢中にさせます。オーナーのカシアナとジョルディ夫妻が、長女の成長を見守りながらつくりました。自然に囲まれて、創造性を発揮して遊ぶ娘の姿を見てひらめいた、遊び方を決めない、自由なおもちゃです。こどもたちは自由に遊び、実験し、発見します。工房の周囲にある森で伐られた木材(主にブナとカバ)、毒性の無い水性染料、植物性オイルをを使用。グラパットのおもちゃは楽しいだけでなく、安全で、環境に配慮された持続可能な製品です。

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
売り切れ
Sold out
売り切れ
Sold out
Sold out