うなぎの寝床のもんぺ


unaginonedoko

農作業着として着られているもんぺを普段着にしようと、“現代風もんぺ” を提案している福岡県の「うなぎの寝床」。生地に使用している久留米絣は、江戸時代から200年以上続く綿織物です。ウエスト部分はゴムで、楽チンなのに見た目はすっきり。乾きが早く、薄くてかさばらないため旅行に持って行くのもおすすめです。久留米絣のハギレや大人用とこども用の型紙も販売するので、好きな生地で親子お揃いのもんぺを作ることも。ぜひ自分に似合う一本を探しにいらしてください。

うなぎの寝床のもんぺ
日時:2019年6月4日(火)ー7月28日(日) 10:00ー19:00
定休日:7月28日を除く日・月曜日 ※月曜祝日の場合は月曜営業、火曜振替休日
場所:庭ビル1F

※イベントは終了しました。


コメントする


コメントは承認後、表示されます。