ねずみのシーモア原画展


イラストレーター・福田利之さんが描く絵本『ねずみのシーモア』の原画が、庭ビルにやってきます。
カフェの本棚に住むねずみ・シーモアが、さまざまな本の中を冒険し、自分の世界を広げてゆくお話。もともと人形劇として作られていたお話が絵本になりました。ページによって雰囲気も画材も異なる原画の数々をご覧ください。
さらに7月6日(土)には福田利之さんによる朗読で、絵本の世界をお届け。テレビでも活躍されている山田はるかさんが人形操演を、シンガーソングノコギリストのKAPOさんとウクレレ・ギター奏者のキクチマコトさんが音楽を奏でます。お申し込みはイベント情報下のお申し込みフォームから。
『ねずみのシーモア』の世界をみなさんで楽しみませんか?




ねずみのシーモア原画展
日時:2019年7月5日(金)ー7月20日(土) 11:00ー19:00
場所:庭ギャラリー

【シーモアと朗読と音楽と】
日時:2019年7月6日(土)15:00から約1時間(アフタートークあり)
出演:福田利之(イラストレーター)、山田はるか(人形操者)、Kapo、キクチマコト
定員:40名(要予約)
料金:1人1,500円(小学生以下無料)
※朗読ライブ後、シーモアとの撮影や福田利之さんのサイン会も予定しています。

お申し込みはこちらから。



 

 

ねずみのシーモア
池田朗子・作/福田利之・絵
あかね書房/¥1,404

シーモアは喫茶店に住んでいる小さなねずみの男の子。うまれてこのかた、お店の外に出たことがありません。ある日の夜、いつものように店主が残してくれたチーズケーキを食べようとすると、1冊の黄色い本が落ちてきました。ページの間から現れたのは、紙のようにペラペラのねずみ! そのエニモは「本の中」にシーモアを誘います。思いきって飛びこむと…そこには、まだ見たことのないいろいろな世界が広がっていたのでした。旅から戻ったシーモアが気づいたこととは…?ー出版社より抜粋

 

福田 利之
1967年大阪で生まれる。1989年に大阪芸術大学グラフィックデザイン科を卒業。その後、株式会社SPOONを経て、フリーのイラストレーターとして活動をはじめる。2005年に東京吉祥寺に事務所移転。大阪芸術大学客員教授。制作はエディトリアル、装画、広告、CDジャケット、絵本、雑貨制作など多岐にわたる。テキスタイルブランド「十布」のデザインも手がける。


コメントする


コメントは承認後、表示されます。