MARUNI展

4月からの新生活に向けて準備を始めるこの季節。庭しんぶん21号でも紹介したMARUNI60オークフレームチェアを製造しているマルニ木工のイベントを開催します。

期間中は、普段4種類から選べるミナペルホネンの生地「drop tambourine」のバリエーションがグッと増え、34種類から選べるようになります。家具の木部と同じように経年変化を楽しめるのもこの生地の魅力のひとつ。使い込むと表面の糸が擦れてきて、裏面の色が現れてきます。どんな変化が出てくるのかは使ってからのお楽しみです。

さらに今回は、深澤直人氏がデザインしたHIROSHIMAシリーズもやってきます。あらゆる場所で長く使えるようにと、シンプルで精緻な作りでできたHIROSHIMAシリーズは、アメリカのカリフォルニア州にあるアップル本社にも採用され、数千脚使われているんですよ。背からアームにかけての緩やかなカーブが美しいアームチェアは、ゆったりとした座り心地なので、ご家庭のダイニングはもちろん、オフィスやカフェなどにもぴったりです。

MARUNI展
2020年2月18日(火)ー3月28日(土)

コメントする

ストアから承認されると表示されます