さいはての島へ ゲド戦記Ⅲ
さいはての島へ ゲド戦記Ⅲ

岩波書店

さいはての島へ ゲド戦記Ⅲ

通常価格 ¥1,980
税込 送料はチェックアウト時に計算されます

死というもの

この巻でル=グウィンが挑んだこと。ゲド戦記シリーズの中では一番過激です。なぜかというと、死というものを解放しようとしているからです。この持論をきちんと言葉にしたことがないのですが、共感してくれる人に出会えると嬉しいなぁ。ぼくがル=グウィンから受け取ったことは、死を生から切り離された断絶、呪いのようにしているのは、人間自身だということ。そして、死は生が途絶えたあとに訪れるものではなく、手のひらと手の甲のように表裏一体だということ。あとは、死はどのようなものも所有することができない状態なのではないか? ということ。死してもなお、手に入れようともがくことの愚かさを人間は抱えている。いや、深読みか!?