長くつ下のピッピ
長くつ下のピッピ

岩波書店

長くつ下のピッピ

通常価格 ¥1,815
税込 送料はチェックアウト時に計算されます

大人の理屈はよくわからない。

 

ピッピを読んでいると、小さい頃、大人の話についていけなかったことを思い出しました。言葉の意味がわからないと、その先の会話はよくわからなくなるし、〈おとなの社会〉のことも全然知らないから、話が見えてこない。でも、年をとると不思議とそれがわかるようになって、いつのまにか大人になってました。ぼくはピッピのことが好きです。ぼくがいいなぁと思うところは、彼女なりの理屈がきちんとあるところ。 彼女は〈おとなの社会〉では、受け入れられないことばかりしちゃいますけど、彼女自身、つまり〈ピッピの社会〉では、きちんと筋が通っている。よく知らない〈おとなの社会〉を理屈もわからず、押し付けられると窮屈ですもんね。大人の理屈って、よくわからないことばかりだし。 ピッピを生み出したリンドグレーンのことを調べると、もっとよくピッピの生い立ちが見えてきま す。ぼくはこのシリーズを「こども独立宣言 」なんじゃないかと思っています。いつか、このことについて考えてみてほしいなぁ。

アストリッド・リンドグレーン 作 / 大塚勇三 訳