こどものとも年中向き『おしょうさんとカックリカ』

こどものとも年中向き『おしょうさんとカックリカ』

税込 送料はチェックアウト時に計算されます

満月の夜に、お寺の外を眺めると、化け物たちが踊っていました。これは山形に伝わる昔話です。昔話は、口伝で伝えられてきた物語です。この語り継がれてきたというプロセスに思いをはせると、事あるごとに昔話を話す習慣があって、その機会に聞いた人がその話を覚えて、誰かに語るという繰り返しですから、その中には、途絶えてしまった昔話もあったんだろうと思うのです。で、この化け物たちの話も、語り継がれてきたうちのひとつ。きのこが化けていたんですけどね、その怖いのやら面白いのやら、よくわからない感じ。でも、やっぱり、夜にきのこをみるとちょっとこわいかも。いや、その前に、きのこって化けるんですね。

 

こどものとも年中向き『おしょうさんとカックリカ』
日野十成・再話 / 斎藤隆夫・絵
福音館書店 / 2019.10