かがくのとも『むしたちの おとの せかい』

かがくのとも『むしたちの おとの せかい』

通常価格 ¥440
税込 送料はチェックアウト時に計算されます

虫と音をかがくする。

数週間前から、早朝から蝉が鳴き始めました。エゾハルゼミです。電子音や車の音などの飛び込んでくるような音と違い、意識をするとだんだんはっきり聞こえてきます。日本人は、鳴く虫を愛でる文化があるそうです。そして、西洋人よりも、虫の音を不快に感じないんですって。

虫たちにとって、音の世界は命を守る、また、命を繋ぐために、重要な役割があるようです。観察してもなかなか気がつかないようなことが、専門書ではなくて、絵本を通して出会うことができるのは、「かがくのとも」のおかげです。

かがくのともは50周年を迎えました。こどもの好奇心をとらえ続けているから、50年という歴史を乗り越えてこれたのでしょう。虫たちの音の世界は、僕の想像をはるかに超える世界が広がってました。福井利佐さんの精緻で独特な切り絵も目を引きつけます。本物の写真だったらちょっと気持ち悪いかも……。僕も、もう少し音を上手に使ってみようと思います。ブルブルブルッ。

 

かがくのとも『むしたちの おとの せかい』
高梨琢磨・ぶん / 土原和子・ぶん / 福井利佐・え
福音館書店 / 2019.7