オケクラフト展

2020 / 11 / 3 ー 28

道東に位置する木材の街、置戸町。工業デザイナーの秋岡芳夫さんが訪れ、講演会をしたことを契機に、地域クラフトブランド「オケクラフト」が1983年に誕生しました。町を挙げて作り手の養成を行い、現在置戸町には、木製の食器やカトラリーを作る24もの工房があります。今年は秋岡さんの生誕100周年。オケクラフト森林工芸館では特別展が開催されるのですが、その一部資料が庭ビルにもやってきます!

秋岡さんは童画家として絵本を描いたり、工業製品をデザインしたり、日々の暮らしのあり方を考え直そうとしたりと、活動の幅が広く、一言では紹介できない、とっても魅力的な人です。8月に庭ビルスタッフで置戸町へお邪魔したのですが、そこで見せていただいた秋岡さんの残した言葉が印象的でした。まずは、オケクラフト森林工芸センターがつくる新聞、「森林工芸館のあれこれ」を読んでみてください。きっと置戸町に行ってみたくなりますよ。

オケクラフト展

2020年11月3日(火)ー11月28日(土)
庭ビル1F
D&DEPARTMENT HOKKAIDO