かがくのとも『でてきた でてきた はっぱの あかちゃん』

かがくのとも『でてきた でてきた はっぱの あかちゃん』

税込 送料はチェックアウト時に計算されます

北海道は冬に突入。1月、2月は厳冬期を迎えます。さむーい。そして、外は真っ白で美しくすべてが凍りつきます。そのなかでも、植物たちはじっと寒さのなかで生きています。春に芽吹くための準備をしっかりしている。『ふゆめがっしょうだん』(福音館書店)をご存知の方もいるでしょう。葉が落ちたあとに顔の模様がでてきて、冬芽が可愛らしく見えます。あの中に、はっぱのあかちゃんがいるのです。松江さんの水彩画がとても美しい。植物の柔らかさや美しさが伝わる魅力を持っています。植物たちは、自然の中で自然に身を任せて生きています。ぼくたち人間って、自然に立ち向かったり、コントロールしようとしたり、破壊したり、慈しんだり、保護したり……。こどもたちには、この自然とどのように出会い、どういう関係を築いていって欲しいのか。まずは、植物を身近に感じ、触れ合うことからでしょうか。

 

かがくのとも『でてきた でてきた はっぱの あかちゃん』
高柳芳恵 ぶん / 松江利恵 え
福音館書店 / 2020.01