2020年度月刊絵本 RSS



2020年度 こどものとも 年少版

4月号 ケーキ小西英子 作 ボウルに卵と佐藤、小麦粉、バターを入れて、混ぜますよ。ケーキの型に入れて、焼きます。焼きあがったスポンジケーキに、クリームぬって、いちごものせて、フルーツいっぱいのケーキのできあがり!子どもたちが大好きなケーキができあがるまでを美しく描いた絵本。おいしそうなケーキに、ほら、手がのびてしましますよ!   5月号 どんな おしごと するのかな?小輪瀬護安 作 フォークリフト、ボトルカー、除雪車、ダンプトラック……。はたらく車がどんなお仕事をするのか紹介します。   6月号 うさぎさんのたんじょうび小川かなこ 作 赤い傘をさしたペンギンが赤いりんご、うずまき模様の傘のワニがロールケーキを持って、うさぎさんの誕生祝いにやってきます。   7月号 だれかいるみたいイチンノロブ・ガンバートル 文 / 津田紀子 訳バーサンスレン・ボロルマー 絵 花畑に、だれかいるみたい。よく見ると、うさぎの親子がいました。自然の中の動物を見つけるのが楽しい、かくれんぼの絵本。   8月号 せっせ せっせ花山かずみ 作 女の子が作った小さな土の山。友だちが土を運ぶのを手伝うと、お山はどんどん大きくなって……。爽快なラストが楽しい絵本。   9月号 じいじとぼく池谷陽子 作 一緒にいすを作ったり、自転車を修理してもらったり。くまのおじいさんと孫の温かい交流を描きます。   10月号 わたし てじなし佐々木マキ 作 泣いている赤ちゃんに手品師がいろいろな手品を見せますが、赤ちゃんは泣き止みません。手品師のあわてぶりがユーモラスな絵本。   11月号 やまねずみのおひっこし島津よしのり 作 やまねずみの家族が、新しい家に引っ越しです。林を抜け、川を渡り……、引っ越しで起きるドラマをいきいきと描きます。   12月号 まだかな まだかなオスターグレン晴子 文 / エヴァ・エリクソン 絵 「おじいちゃん まだかな」「パパとママ まだかな」。リサが経験する様々な「まだかな」がクリスマス前の情景とともに描かれます。   1月号 ながーくなったきむらよしお 作 馬がブタを噛むと、ブタの顔が「ながーくなった」。馬が噛んだ相手が長くのびる、へんてこでユーモアたっぷりの絵本です。   2月号 プレゼントをかいに村田エミコ 作 さるのお母さんが、3匹の子どもたちのプレゼントを買いに、いろいろな店にいきます。帽子屋さんではどの帽子を買ったのかな?   3月号 すずめさん おはよういまきみち 作 女の子とおばあちゃんが、お弁当を持って散歩に出かけます。行く先々で出会った鳥たちとの交流を、温かく描きます。

続きを読む



2020年度 ちいさなかがくのとも

虫や葉っぱや石ころにも心があると感じている3〜4〜5才の子どもたち。その感性を大切にしたかがく絵本です。「ちいさなかがくのとも」がハードカバーのなった「ふしぎなたねシリーズ」も好評です。3〜4〜5才向き。

続きを読む



2020年度 こどものとも 年中向き

福音館書店のものがたり絵本「こどものとも年中向き」は子どもが物語の楽しさに出会うための最適な絵本です。誰もが知っている『バルバルさん』や『おばけかぞくのいちにち』はここから生まれました。4〜5才向き。

続きを読む