日記

あそぶって?

あそぶって?

あそぶってなんだろう? なんてことを考えることがあります。考えてないで、遊んだらいいのだと思うのですが、「ねぇ、あそぼうよー」という息子の誘いを断ってまで、考えていたりします(反省)。遊びは人を育てます。これ本当だなぁと、最近ようやくわかるようになってきました。身体を作るのも遊びを通して、身体を動かして発達していきます。心も遊びを通して、たくさん動かして、大きく育っていきます。感覚もそう。たくさん感覚を味わったり広げたりすることで、感じる力が育っていきます。その大元にあるのが「遊び」です。自分自身を育てる。自分自身を見つける。そういうプロセスが遊びには含まれている気がするのです。大人もそう。遊んでないと、自分を見失う。仕事じゃなくて趣味に没頭した方がいい、とかそういう話ではなくて、自分から心を動かしたくなるものに触れ続けるってことでしょうか。つい昨日、ある方と話していて「ふるえるほど好なものある?それがさーだいじなんだよ」といってました。そう、ふるえるほど好きって、遊びの源なのかもしれなません。 2月も終わりに近づき、3月です。震災から10年。いま、ぼくたちはどこに向かおうとしているのでしょうか。春がきて、庭づくりがはじまります。

Read more →

12月のはじまり

12月のはじまり

雪が少ない。が、そろそろ、納屋に置いてあるじゃがいもたちを、凍らない場所に移動してやらねばいけない。凍ってしまうと味が落ちる。わかっていても、師走。仕事に追われて、保存が後回しになってしまうのです。ただ、たとい保存に失敗したとしても、いつでもどこでも食べ物が手に入る状態はありがたい(笑)。

Read more →

文字がなかったら

文字がなかったら

文字をつくってきた人たちのことを想像してみよう。どうして、絵ではなく文字として言葉やイメージを残そうとしたのか。「これはね、こういう意味でね」なんていうやりとりを積み重ねてきたのだろうか。みただけで誰もがわかるような身体性の高いものから、次第に抽象性の高い記号化した線になっていったのだろうか。文字を発明するという欲望/欲求の源はどこにあったのか。文字がない世界は、どのような世界だったのだろうか。 いま、ぼくたちの周りには記号(文字)があふれている。今書いているのも日本語という文字である。文字のことを考える時に思い起こすのは、『パイドロス』にでてくる、エジプトの発明の神トートが文字を発明したときの逸話だ。うる覚えだから、もう一度あとで本を引っ張り出して読み直してみたいが、いま記憶に残っているものは、話した瞬間に消えてしまう言葉ではなく、文字によって残ることによって、知恵や記憶が蓄積される大発明だというトート。それに対して、神の王アモンが文字は記憶を奪い、うわべだけの知恵をつくり、忘却を生み出す。という話(ソクラテスの考えていたことって相変わらず面白い)。庭しんぶんを読み返している時に、ふと、これは誰が書いた文章なのかわからなくなることがある。ぼくが自分で書いたのは確かなんだが、自分から出てきた言葉なのかどうか。必ずしも、文字を書いた本人とその文字の内容が、符号するというわけでもなかろう。文字の持つ意味も、書いた本人も時間の経過と共に変わりうる。そして、時間によって変容しないものもあるだろう。 文字を発明する。モノ/物体は名称を取り決めればいい。だが、自分の中にある、この気持ちや考えには、どういう言葉を与えればいいのか。文字にしたとて、そこには落とし込めない余白を埋めることはできない。ただ、いま自分の中にあるものを文字に記録するという作業自体は、ぼくたち人間にとって、退屈を凌ぐための壮大な遊びなのかもしれない。 言葉をつくり、それを文字として記録する。その意味をもう少し考えてみよう。            

Read more →

10月の庭キッチン

10月の庭キッチン

今月の庭キッチン。9月いっぱいでやぎやは小別沢の山へ帰り、10月13日(火)に、「鐘(ベル)」がオープンします。営業日は、火・水・金の11:00ー17:00。珈琲や紅茶を中心に、ランチが食べられる予定です。

Read more →

性についての旅が始まる

性についての旅が始まる

さて、次に取り組む特集のテーマは、「性の話」です。今年の1月に「からだ」についての特集を書いたときに、今年中に性について取り上げる予告をしていたのです。

Read more →

ひとさがし

ひとさがし

庭しんぶんの編集長・藤田進が代表を務める(有)札幌第一こどものとも社にて、営業職の募集をしています。ぼくたちは、庭ビルを拠点に、こどもたちがいまを生き抜くために必要な力を養うために必要な道具としての絵本や玩具、場所や空間、体験や情報を、子育てをしている方々、こどもに関わる仕事をしている方々へ、丁寧に提案と発信ができるようになるべく日々努力しています。そのために、力を貸していただける方を探しています。

Read more →

デザイン

デザイン

庭しんぶん5月号は、庭しんぶんアートディレクターがこどもたちへ贈る「デザイン」特集です。

Read more →

レナレナ原画展がはじまりました。

レナレナ原画展がはじまりました。

街中がひっそり静まりかえっていますが、庭ビルには『レナレナ』の原画が運び込まれました。いま、ぼくは庭ギャラリーで原画に囲まれながらこの文章を書いています。

Read more →